So-net無料ブログ作成
検索選択

中川家 「しくじり先生」で語る危険な遊びから大惨事へ!?衝撃的な過去が明らかに! [テレビ]

7月30日放送の「しくじり先生」で兄弟で漫才をしている中川家が出演。子供時代に度胸試しがエスカレートしたことで自転車で大事故を起こしたこと、火遊びで実家を燃やしてしまった過去を語ります。気になる内容をまとめてみました。


スポンサーリンク





中川家 子ども時代の度胸試しで事故!?火遊びで実家が火事!?



中川家は、兄の剛さん(46歳)、弟の礼二さん(45歳)で大阪府守口市出身で4人家族です。
兄の剛さんは学校ではおとなしいが、弟にはめっぽう強い内弁慶タイプで、弟の礼二さんはいつも受け身で兄には逆らえないタイプでした。

中川家が子供のころ、火遊びが原因で、実家を丸焦げに燃やしてしまったそうです。
当時、中川家の実家は集合住宅の家で、2部屋あったそうなんですが、そのうちの1部屋を燃やしてしまったらしいです。

なぜ火遊びをしたのか_?
家でひたすら暇を持て余していた剛さんと礼二さん。
退屈さが頂点に達した二人は、マッチで遊ぶことを思いつきます。
マッチでふすまから出ていた糸くずを燃やして遊んでいましたが、だんだんと物足りなくなってきた剛さん。
もっと大きな火にならないかと何度も遊んでいると、ふすま一面が一気に燃え上がってしまったそうです。
そしてそのまま炎上してしまったということでした。
剛さんは礼二さんを置いて外に逃げてしまい、礼二さんは火の海の中に取り残され、事情が分からずにいると、消防士が助け出してくれたということでした。

中川家の兄、剛さんは路線バスと正面衝突したという衝撃の過去を明かしました。
兄の剛さんが小学1年生のころ、自転車を買ってもらうと、自転車で自由に遠くに行けるようになったと錯覚し、ヒーローになった気分になっていたとか。
そして自転車でもっと楽しい遊びができないかと考え、度胸試しをしようと考え付き、「坂道をノーブレーキで下る」、「弟の礼二さんを乗せて、自転車を左右に揺らし、弟が落ちるかどうか」などを行っていました。
そして剛さんがわざと礼二さんを落として転倒し、血まみれの大けがをさせたこともあったそうです。

剛さんは度胸試しがエスカレートしていきました。
右も左も見ずに、突然大通りに出るようになります。
この結果が、路線バスと正面衝突する大事故につながってしまいました。
そして路線バスと地面の間に挟まれましたが、奇跡的に右手のけがだけで済んだようです。


スポンサーリンク





中川家 子どものために親ができる対策とは?



「度胸試しは絶対にやってはいけない行為!」と強く告げる礼二さん。
子どもは、危険な度胸試しを行い続けると、判断能力がだんだん鈍ってしまい、さらに危険なことをしてしまうようです。

「まさか、うちの子に限って」の親の思い込みは大変危険!
クラスで活動的で目立つような子は危険行動をしやすいですが、内弁慶で物静かな子もアクティングアウト(度を超えた行動)を起こしてしまい、危険行動をしてしまうことがあるようです。
「子どもの行動はしっかり見ていただきたい」と話す礼二さん。

剛さんと礼二さんが学んだ教訓は、
『子どもが起こす大惨事は「小さな悪ふざけ」から始まる』だそうです。

子どもが引き起こしたことは、全て親が責任を負うことになります。
そして大惨事を引き起こした後は一生残るトラウマになってしまうと話していました。

「子供に暇な時間を与えず、熱中することを1つ見つけてあげよう」が教訓になっているそうです。

「しくじり先生」で中川家の2人が語った衝撃的な過去にはかなり驚かされました。
しかし、この惨事は子どもの悪ふざけや遊びから起こるということから、身近にある危険だと感じます。
私も保育士をしているので、たくさんの親子に関わる機会がありますが、
親は子供を見ているようで見ていないなと感じることが多々あります。
なぜなら、わずか4歳で悪さをしたり、ウソをついたりする子供もいるのですが、親は「自分の子に限ってそんなことはしない」と思い込んでいるので、子供がしていることに気づかず、第三者から伝えられても信じようとしません。これは本当に危険です。
まずは自分の子供の姿をしっかり見てあげること、一緒にたくさん遊び、子供が熱中できることを見つけられるように一緒に探すこと…。
そうすることで危険をなくすことができ、トラウマを引き起こすことも無いと思います。
今回の「しくじり先生」で中川家の2人が話したことをもう一度自分のことのように考え、子供とのかかわり方を見つめなおしていただきたいなと思います。


スポンサーリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0