So-net無料ブログ作成

小堀智弥【顔画像あり】小2女児を誘拐未遂!誘拐の動機は「話し相手がほしかった」 [事件]

10月29日に報道されたニュースで専門学生が小学校2年生の女の子を誘拐しようとしたということが発覚!犯人は小堀智弥容疑者です。逮捕されたときの動画も流れ、顔が明らかとなりました。情報をまとめています。


スポンサーリンク





小堀智弥 小2女児を誘拐未遂!顔から分かる人物像とは?



10月29日に報道された誘拐未遂事件。
事件が起きたのは10月25日、東京都大田区で小学校2年生の女児を誘拐しようとし、車に連れ込もうとしたようです。
しかし、怖くなった女の子は持っていた防犯ブザーを鳴らして逃げたことで誘拐されずに済んだようです。

逮捕されたのは専門学校に通う20歳の小堀智弥容疑者です。





警視庁によると誘拐しようとしたことは認めているとのことでした。

逮捕され、ニュースで流れた顔を見ますと、眼鏡をかけ、俯いて反省しているようでした。
突発的に誘拐をしようとしたのだと思いますが、小2に女の子からしたら本当に恐怖だったはずなので、二度とこのようなことはしてほしくないですね。

今回、女児が誘拐されずに済んだのは防犯ブザーのおかげかなと感じます。
小学生は身の安全のため、学校から支給されていて、防犯ブザーの使い方や実際に警察の方が誘拐されないための逃げ方などを教えてくれることがあったりします。
力もなく、恐怖で声も出せなくなった時に少しでも犯人が驚き、怯ませることができる防犯ブザー。
ご家庭でもぜひお子さんと一緒に万が一の時に逃げることができるよう、防犯ブザーの使い方などを教えておくべきだなと思います。
そして、防犯ブザーだけでなく、地域によっては子供110番の家もあります。
そういう場所があったりすることも伝えておくのも逃げ切るためには必要な策ではないかなと思います。

咄嗟の判断が付きにくい年齢だからこそ、日々の練習で身に付かせておくことが、今回、誘拐されずに済んだのだと感じるので、自分の子は大丈夫という甘い考えは無くし、何が起きても少しでも犯人から逃げるチャンスを作れるようにしておきましょう。


スポンサーリンク





小堀智弥 Facebookは?誘拐した理由とは?



小堀智弥容疑者のFacebookなどを探してみましたが、この年代には珍しく、やっていないみたいですね。
もしかしたら他者が入れないようにロックしてある可能性もありますが、見当たらないのでめぼしい情報はわかりませんでした。

小学校2年生の女児を誘拐した理由を警視庁で話しているようですね。
「公園で遊んだり、話し相手になってほしかった」と話しているようですが、自分の自己満足でまだ8歳の女の子の心に恐怖を植え付け、トラウマになるようなことをするのは本当に許せませんね。

専門学校で話し相手がおらず、寂しさがあったのかもしれませんが、誘拐ではなく、ボランティアで他の人と関わってみるとか、少しでも勇気を出して人と関わってみようとするとか、そちらに行動するべきなのではないでしょうか?

20歳の専門学生がまだ8歳の女の子を話し相手とするのは無理がありますし、犯罪に手を染める行為は今後の自分の未来を潰してしまうということを少しでも考えてほしいと思います。

しっかり反省をして、もう一度やり直し、まだ長い人生を見つめなおしてほしいと思います。


スポンサーリンク







コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。