So-net無料ブログ作成

初鹿明博 文春砲でわいせつ疑惑発覚か!?過去にも女性問題で不倫を強要!? [政治家]

立憲民主党にまたスキャンダルが報じられるようです。11月2日発売の週刊文春で今度は初鹿明博衆議院議員にわいせつ疑惑があることが明らかとなったみたいです。一体、なぜわいせつ疑惑が報じられたのか。内容をまとめています。


スポンサーリンク





初鹿明博 文春砲でわいせつ疑惑が発覚!女性を軽んじる発言が!?







立憲民主党の初鹿明博衆議院議員が11月2日発売の週刊文春で強制わいせつ疑惑があることを報じられることが判明しました。
立憲民主党は前回の文春でも初当選した青山雅幸議員にセクハラ疑惑があったと報じ、党員資格停止処分が下されたばかりにも関わらず、立て続けに起きてしまったスキャンダル。
野党第1党として政策に向き合っていかなければいけない時期になぜこんなにも多くの不祥事が報じられてしまったのでしょうか。

週刊文春で報じられる、初鹿明博衆議院議員の強制わいせつ疑惑について簡単にまとめていきます。

被害に遭った女性は佐野陽子さん(仮名)という方で、親しい友人にわいせつ行為をされたことを相談していたようです。
今回、文春の取材に答えたのは被害に遭った本人ではなく、その友人からの証言のようですね。

事件が発生したのは2015年5月の懇親会が終了した後の事だったようです。
酔った初鹿明博衆議院議員はタクシーの車内で佐野陽子さんにキスを迫るなどし、それだけでなく、ズボンのチャックを引き下げ、女性の顔を強引に引き寄せるなど、強制的にわいせつな行為を働いたということを陽子さんから相談されたというのです。

これが事実であるならば、同じ女性として絶対に許せない行為です。
こんな人が日本を背負って立つ議員に選ばれていると考えるだけで信頼することができなさそうです。

初鹿明博衆議院議員に文春の記者による取材があったようで、その時の受け応えも女性を軽んじていると受けてとれる内容でした。
その会話をまとめると、わいせつ行為をしたことについては誤解であり、強制では無かったと思うと話し、タクシーでのことを聞かれると、酔っぱらっていたからよくわからない、手は分かんない、握ったかもと返答していました。

この取材の後、再度、事務所に書面で取材を申し込み、返答が返ってきたようです。
その解答には「タクシーに同乗した際にご指摘のような行為を行った記憶はございません。不快に思わせる言動があったとすれば申し訳ないと思っております。いずれにせよ、意に反したわいせつ行為をした記憶はございません」と否定しているようです。

佐野陽子さん側は前回は立場もある方ということで被害届を出さなかったようですが、取材を受ける中で、初鹿明博議員の対応などを含め、被害届を出すことを検討しているようです。


スポンサーリンク





初鹿明博のプロフィールとは?過去にも女性問題が!?



初鹿明博議員は1969年4月15日生まれの、2017年現在、48歳のようです。
東京都江戸川区出身で、東京大学法学部を卒業されています。
一般社団法人地域福祉推進機構代表理事をされていたようで、東京都議会議員を2期、勤めていました。
現在は衆議院議員に3期目として当選し、野党第1党の立憲民主党に所属しています。
以前は維新の党に所属していたようです。

そして初鹿明博議員に過去、女性問題があったようなのです。
2016年12月に週刊新潮で報じられたようなのですが、20代の女性に、不倫を強要したというのです。
週刊新潮によりますと、東京都内のホテルに20代の女性と一緒に入ろうとしましたが、拒否されたそうです。
「女性の腕をつかみ、強引にホテルの入り口に連れ込んだ」と週刊新潮では報じていましたが、初鹿明博議員は、
「ホテル行こうって、相手もいいって言ったからね」「みんな奥さん以外に、はけ口を求めていると思うよ」
と取材に答えていたそうです。

今回2度目の女性問題となるわけですが、初鹿明博議員の行いや、取材に対する発言を見ていると、女性を何だと思っているんだと思います。
自身が議員だからか、男性だから偉いと思って、女性に対し、失礼な態度をとっていると受け取れますが、日本の代表として、議員として頑張ってほしいと思われて票が入り、議員になることができたはずです。
それにも関わらず、自身の立場なら断れないはずだから何をしてもいい、許されるんだという行動が本当に腹が立ってしまいます。
選ばれたならば、人として、モラルを持って、立場を弁えて、誰であろうと差別せず、下に見ず、敬う人であってほしいと考えますし、せめてモラルは持っていてほしいと思います。
たった一人の行いや言動によってその党のイメージもついてくるわけですから、チームプレーであり、1人の行動で国民から信頼を失うということをしっかり肝に銘じておいてほしいと強く思いました。
今後どのような対応を立憲民主党の代表が行っていくかはわかりませんが、厳罰な対応を求める声が増えそうです。
女性を軽んじるような人に議員は任せてけないです。
衆議院議員として本格的に動く前に人として変わってほしいです。
どうなっていくのか注目していきたいと思います。


スポンサーリンク







コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。