So-net無料ブログ作成

5歳女児 高齢男性に大声で叱られPTSDに!?PTSDの症状や訴訟、判決内容とは? [裁判]

11月9日のニュースで5歳の女児と両親が秋祭りに行った際、秋祭りのボランティアスタッフから怒られたことが原因でPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症したことが分かり、埼玉県深谷市に損害賠償を求め、訴訟を起こし、判決が言い渡されたようです。PTSDや訴訟内容、判決内容などの情報をまとめています。


スポンサーリンク





5歳女児 男性に大声で叱られPTSDを発症!?因果関係はあるのか?



5歳女児とその女児の両親が参加した秋祭りで起きたことのようです。
秋祭りでボランティアスタッフとして働いていた高齢男性に大声で叱られたことが原因で、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したようです。
当時5歳の女児が、主催者の埼玉県深谷市に約190万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、東京地裁で言い渡されました。

詳しい訴訟の内容によると、女児は両親らと2014年11月に同市内であった秋祭りを訪れていたそうです。
その際、輪投げ会場の受付の机の上にあった景品の駄菓子を手に取ったことを、80代のボランティア男性に大声で叱られたと話しました。
女児は駆けつけた父親の前で泣き出し、その後、女児を叱ったことを父親と男性が口論するのを見ていたらしいですね。
この口論が原因で、4カ月後にPTSDと診断されたということです。

以上が訴訟内容になります。
そもそもPTSDって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にまとめておきますね。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、命の安全が脅かされるような出来事(例えば、戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害のことをいいます。
東日本大震災が起きた後の被災者の中にもPTSDを発症した人が多くいました。
簡単に言えばトラウマですね。

心に大きな衝撃のトラウマが起きたことで起きるようです。
PTSDになってしまうと中々回復することは無く、長い年月をかけて、少しずつ回復していくしか治療する方法がない障害となります。


スポンサーリンク





5歳女児 PTSD発症で訴訟を起こす!?判決は損害賠償の支払いか!?



PTSD発症したことで埼玉県深谷市の主催者側に約190万円の損害賠償を求めていた裁判で原告側は、叱られた後、女児が両親から離れるのを怖がったり、画用紙を黒く塗りつぶしたりしたと主張しました。
市側は、暴言はなく、症状との因果関係はない、と訴えていたそうです。

裁判の最終的な判決としては、当時5歳の女児がPTSDを発症したのは高齢男性から叱られた事へのトラウマであったとして、鈴木正紀裁判官は症状との因果関係を認めた上で、約20万円の支払いを同市に命じることにしたと判決を下しています。

PTSDを発症するにはよほどの強いトラウマでなければ、大抵、発症することはありません。
秋祭りの高齢男性ボランティアスタッフに叱られたときは、まだ5歳だったということと、叱られただけでなく、男性と自分の父親が言い争ったことで更なる恐怖を感じ、心に強いトラウマとして残ったのではないかと思います。
市は因果関係は無いと言い切っていましたが、PTSDになるには本当によほどの事なので、市が関係していなかったとしても、原因は紛れもなく、ボランティアスタッフであることは間違いようのない事実です。

まだ5歳の女児が負ったトラウマはこれからも癒えることはないですし、今後の生活が改善されたとしても、全く何もない平穏な生活を送ることはできないので、今回の裁判の判決で、少しでも心が軽くなり、症状が和らげばと思います。
PTSDについて知らない方も多いと思いますし、そんなことで裁判を起こすなんてと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、PTSDはとても大変な障害であるということ、周囲の人の理解によってもまた違ってくるのだということを理解してくださるだけでも、PTSDを抱える人が生活しやすい社会であってほしいと願います。


スポンサーリンク







コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。